地籍測量(調査)

一筆毎の土地について、所有者、地番、地目を調査し、土地の筆界と面積を測量します。 地籍調査を行うことにより、境界をめぐるトラブルが未然に防止され、 公共事業の効率化・コスト縮減や災害復旧の迅速化に役立つほか、GISによる利活用を図ることが可能になります。

主な実績

  • 長崎県南松浦郡奈良尾町(新上五島町)
  • 長崎県南高来郡有家町(南島原市)
  • 長崎県西彼杵郡多良見町(諫早市)
  • 長崎県諫早市
  • 長崎県壱岐郡石田町(壱岐市)
  • 長崎県上県郡峰町(対馬市)
  • 長崎県上県郡豊玉町(対馬市)
  • 長崎県下県郡厳原町(対馬市)
  • 長崎県下県郡美津島町(対馬市)
  • 長崎県南高来郡加津佐町(南島原市)

地籍図根三角点

業務イメージ

作業フロー

打合せ協議

計画準備

C工程(地籍図根三角測量)

所定の密度で配置された地籍図根三角点を設置し、その位置を基本三角点、四等三角点等を基礎として測量する作業

D工程(地籍図根多角測量)

所定の密度で配置された地籍図根多角点を設置し、その位置を地籍図根三角点等を基礎として測量する作業

E工程(一筆地調査)

土地利用の現況を把握するため、土地登記簿及び字図に基づいて作成した地籍調査票及び調査図素図をもとにして、現地において関係土地所有者等の立会のもとに、毎筆の土地についてのその所有者、地番、地目及び境界に関して行う調査で、地籍簿作成の基礎となる作業

F工程(地籍細部測量・一筆地測量)

地籍図根多角点等を基礎として各筆の筆界を測量し、地籍図原図を作成する作業で、細部図根測量と一筆地測量とからなる。

G工程(地積測定)

地籍細部測量(F工程)により求めた筆界点の座標値をもとに、毎筆の土地について面積を計算する作業

H工程(地籍図・地籍簿の作成)

一筆地調査及び地積測定の結果に基づき地籍簿案を作成し、この地籍簿案及び一筆地測量により作成された原図を20日間一般の閲覧に供して、成果品である地籍簿及び地籍図を作成する作業

認証
登記所送付
成果の多目的利活用

地籍調査の成果は、土地所有者の権利関係を保護する不動産登記制度に寄与することになるとともに、実施地域における土地の実態が明らかにされ、土地に関するあらゆる施策の基礎資料として広範囲にわたって活用されることになります。

 

 

お問い合わせ・資料請求