食肉検査システム

 食肉衛生検査所における日常の検査記録をコンピュータで管理する事により、 現場での検査作業および報告書作成などの集計作業に係わる負担を軽減する事を目的に開発しました。

  • 検査員は解体用のメスなどで両手が塞がっていても、ヘッドセット無線機により音声認識処理が行われます。
  • 他社製品と比較し、豊富な単語量と高い認識率を有します。
  • 独自のシステムのため、帳票類等のカスタマイズのご要望にもお答えできます。
  • データをアクセスのデータベース形式に変換し、帳票をエクセルシートに出力することにより、他のアプリケーションでの再利用ができます。
socio2-1-1

機能

1.性別、病名のみの発声で情報を登録する機能

2.入力ノイズキャンセル方式マイク

3.音声辞書、ユーザー辞書登録機能

4.無線LAN対応のネットワーク環境で利用可能

5.検査結果の集計・管理

概要

 高騒音、高多湿のなかで1頭あたりを約20秒で検査する解体現場では、1頭ごとに包丁や手指の消毒が必要です。解体検査の結果を、この過酷な環境でスムーズに情報化していくのは至難の技ですが、検査をご担当される方は、ヘッドセットを通じて病名を発声するだけで集計や解析に必要な情報を的確に収集することに成功しています。

 

 

お問い合わせ資料請求