基準点測量

基準点の級別区分は既知点の種類、既知点間の標準距離、新点間の標準距離により定められています。目的に応じた基準点測量を計画し、測量区域内に既知点が有るか無いか調査し、その既知点精度も加味して、何級相当の基準点測量が必要か検討します。

区分項目 1級基準点測量 2級基準点測量 3級基準点測量 4級基準点測量
既知点の種類 電子基準点 一~四等三角点 1級基準点 電子基準点 一~四等三角点 1~2級基準点 電子基準点 一~四等三角点 1~2級基準点 電子基準点 一~四等三角点 1~3級基準点
既知点間距離(m) 4,000 2,000 1,500 500
新点間距離(m) 1,000 500 200 50

※1級基準点測量においては、既知点を電子基準点のみとすることができる。この場合、既知点間の距離の制限は適用しない。ただし、既知点とする電子基準点は、作業地域に最も近い2点以上を使用するものとする。

スタティック法

スタティック法とは、複数の観測点に受信機を整置して4衛星以上の同じ衛星からの搬送波位相を中心とする観測データを取得します。 (観測時間は60分以上を標準)

VRS方式のネットワーク型RTK-GPS測量

VRS方式のネットワーク型RTK-GPS測量は、移動局に設置したGPS測量機でGPS衛星からの信号を受信し、移動局からその概略位置データを配信事業者へ送信する。配信事業者で補正データ等を算出して移動局に送信し、観測データと補正データ等を用いて基線解析を行って位置を決定します。(観測時間は1秒間隔10回以上を標準)

業務イメージ
スタティック法とVRS方式のネットワーク型RTK-GPS測量

 

 

お問い合わせ・資料請求