空中写真測量

近年のコンピュータの発達により、これらの利用方法が急速に変化してきています。

カーナビに代表されるようにコンピュータで地図を制御する技術は、従来の縮尺・範囲に束縛されず、 空間に広がる様々な情報を、そのままコンピュータの中に格納することができるようになりました。

お客様の要望に対し、様々な空間データの作成、各種解析、図面出力、システムの構築という形でお応えさせていただいています。

業務イメージ 業務イメージ 業務イメージ

空中写真測量の概要

地図のデジタル編集

既存の地図をA0スキャナーで読み込みラスターやベクトル型のデータを自動作成します。デジタル化により更新にも即座に対応でき、情報を付加して目的に応じた様々な出力図を提供します。

空中写真の画像処理

空中写真をスキャニングし、地形図や測量成果を元にデジタルオルソフォト(正射投影)を作成します。これにより地形図とのひずみが無くなり、複数の空中写真を容易に合成(モザイク処理)して広範囲の写真図を作成できます。

高精度の地図情報の提供

解析図化機により、最新かつ国の作業規定に則した高精度なDM(デジタルマッピング)データを作成します。

お問い合わせ・資料請求