新着ニュース

技術講習会に参加しました。

  • 2015年10月21日

     一般社団法人長崎県測量設計コンサルタンツ協会は、10月15日(木)に今年度3回目の技術講習会を開催しました。協会員約80名が参加し、技術力の向上、最新情報の取得に努めました。

     

     本講習会では、「空き家対策について」(長崎県土木部住宅課まちづくり班課長補佐 森泉氏)、「長崎の未来が大きく変わります~九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)~」(長崎県企画振興部新幹線・総合交通対策課新幹線・鉄道交通班参事 兼武寛氏、長崎県土木部新幹線事業対策室課長 橋口茂氏)、「公共測量成果品質確保について」(一般社団法人日本測量協会九州支部測量技術センター長 西村千行氏)、「高所法面掘削機による掘削工法・無足場施工による削孔工法」(高所機械掘削施工工法研究会大昌建設株式会社九州支店顧問 井幸久氏)、「濁水処理システムについて~工事排水綺麗にして何が悪い~」(喜多機械産業株式会社開発営業部副部長 子隅孝彦氏)の講義が開催されました。

     

     扇精光コンサルタンツ株式会社は、一般社団法人長崎県測量設計コンサルタンツ協会の会員として各種講習会に積極的に参加し、技術力の向上と、会員との情報交流の活性化に努めています。また、講習会で取得した知見と技術力を活かし、安全で安心な地域づくりに貢献しています。