新着ニュース

「道の駅」登録支援業務を受託しました。

  • 2015年02月06日

     長距離ドライブが増え、女性や高齢者のドライバーが増加するなかで、道路交通の円滑な「ながれ」を支えるため、一般道路にも安心して自由に立ち寄れ、利用できる快適な休憩のための「たまり」空間が求められています。

     また、人々の価値観の多様化により、個性的でおもしろい空間が望まれており、これら休憩施設では、沿道地域の文化、歴史、名所、特産物などの情報を活用し多様で個性豊かなサービスを提供することかできます。

     さらに、これらの休憩施設が個性豊かなにぎわいのある空間となることにより、地域の核が形成され、活力ある地域づくりや道を介した地域連携が促進されるなどの効果も期待されます。

     

     こうしたことを背景として、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の方々のための「情報発信機能」、そして「道の駅」をきっかけに町と町とが手を結び活力ある地域づくりを共に行うための「地域の連携機能」、の3つの機能を併せ持つ休憩施設「道の駅」が誕生しました。国土交通省では、この「道の駅」を経済の好循環を地方に行き渡らせる成長戦略の強力なツールと位置づけています。(国土交通省ホームページより引用)

     

     扇精光コンサルタンツ株式会社は、自治体様が計画している「道の駅」に関して、登録に必要な申請図書、協議用資料作成の支援をしています。地域の好循環を創出する拠点としての「道の駅」の整備に、豊富な経験と、きめ細かな対応で支援いたします。

     

     

    「道の駅」の基本的機能