本文へジャンプ
HOME  >> 車輌位置情報サービス
車輌位置情報サービス

車輌が今どこにいるのかすぐにわかったら業務の効率化に繋がるのに…
そのようなときには、このサービスをご利用下さい。

GPS携帯電話を車輌に載せて専用アプリを起動するだけで、
お手持ちのパソコンや携帯電話から簡単に位置を確認いただけます。

■必要な設備は市販のGPS携帯電話※1か、Androidスマートフォン
■ドライバーの方はボタンを押すだけの簡単操作で専用アプリが起動
■万一の故障の際も、市販品なので交換も容易
■専用アプリを停止すれば、当然のことながら電話としてご利用いただけます

※1  ドコモ、au、ソフトバンクのどのキャリアの携帯電話でも対応は可能ですが、実績・機能を考慮するとauを推奨いたします。

自社開発のアプリなので、お客様の要望に応じてカスタマイズや機能追加にも対応可能です。

導入事例

長崎電気軌道(株)様

メイン画面に運行コース選択メニューを表示し、運転手の 操作性を向上。  低床車運行情報等提供サービス「ドコネ」

中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(株)様

除雪車輌の位置、作業状態、走行車線を地図上に表示し 状態を把握。

この他、走行履歴表示機能、走行ログダウンロード機能、速度監視機能、ARアプリ連携などの事例がございます。

サービス導入までの主な流れ

サービス利用料

車輌台数、範囲、ご提供内容によって異なりますので、別途お見積もりさせていただきます。
以下の項目が判断材料としてありますのでご確認下さい。

  • ①台数と走行範囲は?
  • ②車載端末の種類は?(携帯orスマートフォン)
  • ③管理者の端末種類は?(パソコンor携帯)
  • ④位置以外の情報が必要か?(機能のカスタマイズ)

【参考例】
幼稚園などの送迎バスの場合
初期導入費用:180,000円~ 基本料金:車輌一台あたり、月額10,000円~ 程度と設定しています。
(上記金額に携帯電話の購入費用、基本料金、通信費等は含んでいません)

短期間のイベントなどでの利用についてはご相談下さい。

GPSについて

携帯電話のGPSは、しばしば測定誤差が大きいと問題視されます。 人工衛星の状態やビルなどの影響を受ける場合は、100m以上の誤差が生じる場合もありますが、通常はこの図のように走行車線 まで判断できる程度の精度が出ます。
従来型の携帯電話では、位置を測定しサーバに登録する間隔を 数分空ける必要がありましたが、スマートフォンの場合は10秒 間隔程度で位置情報を登録する事も可能になり、より精密な情報を取得できます。

©2011 Google・地図データ © 2011 ZENRIN