本文へジャンプ
HOME  >> 水道施設維持管理システム
水道施設維持管理システム
システムの特徴
地理情報システムを利用した水道施設の維持管理で給水業務を効率化

水道配管図や施設に関する各種工事・点検情報を地理情報システムで
一元管理することにより、過去に整備された情報が簡単に取り出せるようになります。

工事情報や施設情報の管理
水道配管施設の一元管理

配水施設の施設図形と台帳情報、および関連する図面や調書等も
ファイリングして一元管理することで情報共有化が促進されます。

水道配管図の印刷

地理情報システムで一元管理された配管施設のデータから、
今まで管理されてきた図面単位で高精細な図面を印刷することができます。

衛星写真、航空写真、地籍図との連携イメージ

衛星写真、航空写真、地籍図などの情報と水道配管図を重ねることで、現地状況
の把握が容易になります。



日々の受付対応や点検業務の情報共有による作業の効率化

外部からの給配水管に関する問合せや依頼等の受付情報や、漏水調査の各工事の業務内容を
情報共有できるため、住民サービスの向上につながります。

修繕業務・漏水業務管理画面

修繕・漏水業務の登録内容を元に、業務委託内訳や消火栓修繕工事費の管理も効率化できます。
また、修繕・漏水業務の情報は、統計処理の元データとして活用できます。

業務委託内訳管理画面

消火栓修繕業務管理画面