本文へジャンプ
HOME  >> 漁港施設維持管理システム
漁港施設維持管理システム
漁港法で定められた施設台帳の精度向上と事務作業を軽減

漁港施設の変更履歴をシステム上で登録することができます。
登録された漁港施設台帳調書と漁港施設台帳図上の施設を連動して管理することで、
調書と図面の不整合が防げます。

漁港施設維持管理システム

漁港施設の情報を漁港施設台帳図上の施設位置と連携して管理できます。

漁港施設台帳図と漁港施設の情報の連携は、漁港施設台帳図のCADデータ(SFC)を利用した自動連携機能で行います。

漁港施設台帳図の背景データとして、航空写真を使用することで、より漁港施設の現況把握が容易になります。

システム上で登録された漁港施設の変更情報を元に、漁港漁場整備関係法規集で
定められている各種様式の書類を印刷できます。
漁港施設総括表の集計内容や、漁港施設の増減表の内容も、
年度を指定してシステム上で自動計算できます。

砂防施設の点検計画に基づいて、点検シートの出力とその点検結果の取り込みを行い情報を蓄積し、砂防施設の維持管理を実施。(開発中)